NEWS

01.4月.2021

日本の大手ゼネコンである大成建設が、Matiè Niseko(マティエニセコ)のビジョンに向け動き出します。

韓国のハンファグループが出資をしているエイチプロパティーズ特定目的会社は、本日スーパーゼネコンの1社である「大成建設」と、ニセコの最も象徴的なスキーイン&スキーアウト施設となる「Matiè Niseko(マティエニセコ)」の工事パートナーとして契約締結したことを発表します。

 

ニセコグランヒラフのゲレンデに面するこの比類なき地で、非日常的で優雅なビジョンに基づくMatiè Nisekoの開発が、名門の「大成建設」と「日建設計」という、この2つの一流企業によって実現します。

グランドオープンは2023年冬季シーズンに予定しており、Matiè Nisekoの建設は2021年4月15日に開始されます。

また、冬の深い雪が解ける1か月後の5月末頃に「起工式」が開催されます。

エイチプロパティーズ特定目的会社は、3月31日に大成建設と正式な工事請負契約を締結し、4月13日に現地説明会を開催する予定です。

大成建設は、日本では「スーパーゼネコン」という称号で呼ばれる大手5大ゼネコンの1社です。同社は日本の建築請負ランキングで昨年は3位であり、2020年の売上高は約1兆7500億円です。

この日本を代表するスーパーゼネコンは、国立競技場や住友不動産の新宿セントラルパークタワー、シャネルとルイヴィトンなどの高級ブランドの店舗などの建築を手がけ、国際的にも古くから歴史のある建設会社です。

これまでに日本国内で58つのホテル、リゾート、住宅開発を手掛けており、北海道内においては、JR東日本ホテルメッツ札幌、札幌プリンスホテルタワー、ホテルクラビー札幌など、4つのホテルを建設した実績があります。

Matiè Nisekoは、日本の伝統的な建築方法である「縁側(えんがわ)」と「妻入(つまいり)」を現代的に解釈し、ニセコ周辺のリゾートの雰囲気に合わせ、大成建設と日建設計が提携して、外観や感触を忠実に再現した開発を予定しています。

Matieはフランス語の技術的に創り出された素材を意味する「マティエール」に由来しており、 Matiè Nisekoは、外界の喧騒から解放され、お客様のこれまでに経験したことのない「本質」を感じることができる空間を提供します。

Matiè Nisekoは、訪れたお客様が外界の喧騒から解放され、ここで過ごす経験を本質的に体感できる場所。それは自由に描くことのできるキャンバスのような環境を提供します。

グランドヒラフビレッジの中でも高い位置に位置するMatiè Nisekoは、パウダースノーのゲレンデに直結しているのでストレスなくスキーの時間を過ごすことができます。

また、ヒラフウェルカムセンターから徒歩数分のところに位置し、高速ヒラフゴンドラも至近で、利便性の高い立地です。

世界的に有名なニセコのパウダースノーを目の前にすることができます。

ニセコ高原ホテル跡地の6,400㎡の土地に建設するリゾートホテルMatiè Nisekoは、21,000㎡超の7階建てでユニット120の居住空間を配し、地下駐車場を併設します。

Matiè Nisekoはグルメダイニング、スキー用品レンタル、ショップ、リラクゼーションスパ、豪華なインフィニティバス、プライベートオーナーラウンジ、キッズクラブ、地下駐車場などの設備を備え、快適なリゾートライフをサポートいたします。

Matiè Nisekoは、ニセコ地区で長い経験を持つ不動産会社であるニセコリアルエステート社がマスターセールスエージェントとなり、東急リゾート社とタイガプロパティ社とハウジングジャパン社と共にご案内します。

販売に関するお問い合わせや詳細については、本サイトまたは株式会社ニセコリアルエステートまで直接お問い合わせください。

info@nisekorealestate.com

日本 +81 (0) 136 22 3888

一覧に戻る
資料ダウンロード

GALLERY

TIMELAPSE VIDEO

お問合せ
株式会社ニセコリアルエステート
info@nisekorealestate.com
電話 0136-22-3888
ニセコギャラリー
ニセコリアルエステート内のショールームへ
お越しください。
044-0081 北海道虻田郡倶知安町字山田190-6
モデルルーム
‐虻田郡倶知安町字山田204-66
(ひらふウェルカムセンター横 Matié Niseko建設現場に隣接)
内覧のご予約はこちら
CONTACT